保育士のお給料について

保育園で子どものお世話を行う保育士の仕事は、女性が多い職業です。

しかし、女性が多い職業である看護師に比べるとお給料は仕事内容の割には安い傾向です。

保育士として勤務するときの選択肢として公立と私立があります。



初任給は公立も私立もあまり差はありませんが、公立の保育園勤務では勤続年数が上がるにつれて昇給がされますが、私立の場合はあまり昇給は望めません。

そのため、長く勤務するのであれば、公立の保育園での勤務がおすすめです。



離職率は、公立よりも私立の方が高いです。
賞与は、だいたい平均50万ぐらいが相場になっています。派遣やパート、アルバイトでの非正規雇用の場合は、平均時給が900円から1200円ぐらいが相場になっています。

保育士の初任給は、16万から17万ぐらいが平均相場になっています。


神奈川県のような福祉関係の仕事に力をいれている地域では、初任給が20万を超えるケースもあります。

保育士の平均年収は、だいたい300万前後が一般的です。
看護師の場合は、勤務する病院の規模が大きくなるほど、平均年収は上がりやすいですが、保育士の場合は事業所の規模の大小に関係なく年収に変動はありません。

お給料が低い原因は、国や県、市からの公的な補助金や負担金が少ないことがあげられます。

4meeeの優良サイトの情報を公開中です。

仕事内容に反比例して給料が低いため、なかなか人材が集まらなくて、待機児童問題などの社会的な影響もあり、最近は待遇改善を求める声も強くなっています。